「炭酸泉タブレットの利用メリット」(今井敬喜氏)より

重炭酸イオンについて

トリプル効果をもたらす土台(基礎)にはどんな秘密があるのでしょうか。
元々、生物は不思議だらけの物体です。
私たちの身体はほぼ60兆の細胞で構成されていますが、各々の細胞が体液(体重の60%)の中に浮いて、統一された調和のとれた機能を果たし、しかも独立した個性ある生命体であることには驚くことばかりです。
正に神業としか思えません。
植物は、葉緑素の働きで直接太陽のエネルギーを使って、炭酸ガスと水を基本に多種の地球上の元素を固定し、様々な栄養物質を作り出しますが、動物にはその能力はありません。
植物の作り出した栄養素と酸素を拝借し、摂り込んで燃やし、間接的に太陽の恵みに浴し、生きているに過ぎません。
しかも、人間は他の動物さえも食し栄養にして、進化しつつ生き続けている図々しい動物なのです。
人間を造っている細胞は、直接太陽のエネルギーを使うことはできません。
肺で空気中の酸素を取り込んで、赤血球内のヘモグロビンに渡し、血液(体液の一部)によって細胞集団(組織)に運ばれ、細胞がその酸素を取り込んで栄養素を燃やし、エネルギー(生物学的エネルギー)を取り出し、ATPという高エネルギー物質として固定します。
この細胞と血液の間でなされるガス交換を肺でのガス交換(肺呼吸=外呼吸)に対し、組織呼吸(内呼吸)と呼んでいます。
この細胞内の発電所(変電所)にも例えられる細胞内小器官が、ミトコンドリアと呼ばれる植物の葉緑体にも匹敵する膜構造体なのです。
細胞のあらゆる機能は、ここで生産されるエネルギー(ATP)を使って営まれています。
細胞の発電所にも喩えられるミトコンドリア内では、体液(主として血液)によって運ばれてきた栄養素(主としてブドウ糖と脂肪酸)を同じく赤血球(主としてHb)によって運ばれた酸素を使って燃やし、高エネルギー物質(生物学的エネルギーの塊)であるATPが作り出されます。
この機転はミトコンドリア内の酵素の連鎖によって触媒され、分解・合成の細胞内代謝が促進されます。
この酵素群をチトクローム系酵素(鉄を含む酵素ですが、体内には他の酵素としては筋肉の赤身の要素ミオグロビン、赤血球内のヘモグロビンなどがあります)と呼んでいます。
この酵素の働きを補助する物質を補酵素と呼び、ビタミンB群及びコエンザイムQがあります。
チトクローム系の酵素群の触媒によるミトコンドリア内のエネルギー産生機転を通称:TCAサイクル(クエン酸回路+炭酸回路)と呼んでいます。
したがって、ミトコンドリアこそ人間の活力の源という事もできます。

私たちの身体を構成している細胞は、このATPに凝縮されたエネルギーを使って他の細胞内小器官(リソゾーム・粗面[滑面]小胞体・ゴルジ体・ライソゾーム及び核【RNA/DNA】等)で生活に必要な物質(構造蛋白や機能蛋白・免疫物質など)を造り出し生命を維持しているのです。
TCAサイクルにクエン酸も炭酸も大いに関係していることに注意してください。
炭酸泉タブレット(重曹+クエン酸+炭酸)の効果として、漠然と代謝アップ・新陳代謝促進・ストレス暖和・疲労回復・エネルギー代謝増加などが挙げられていますが、このTCAサイクルへの目に見えない関与が寄与しているのではないでしょうか。
もう一つ指摘しておきたい効用があります。
細胞が生きる内部環境の調整(内部環境恒常性=Homeostasis)に一役を果たしていると考えられ、人の老化に大きく関わると考えられているのです。
すなわち、重曹(重炭酸ナトリウム)は水に溶けると弱アルカリ性の重炭酸イオン(HCO3)になります。
それが皮膚から吸収され毛細血管から血中に入りますと、体液の酸塩基平衡を程よく調整し、内部環境の恒常性に寄与しているのです。
細胞が生きてゆくのに最適な体液のPhは7,35-7,45の極狭い範囲の弱アルカリ領域にあります。
この体液の酸塩基平衡にはいろいろな要素(内分泌・自律神経系・脳[特に視床下部]・細胞代謝・呼吸器・消火器[特に胃腸・肝・膵]・腎[特に尿細管など]が関係しますが、動脈血CO2飽和度と重炭酸イオン濃度が決定的要素なのです。
体液の酸塩基平衡を急激に変化させる事は内部環境に激震をもたらし、あまり勧められるものではありませんが、皮膚からゆっくりと吸収させ、やわらかに内部環境を調整することは良い結果をもたらすでしょう。
特に、この炭酸泉タブレットはクエン酸と重曹の固形物であり、湯水にゆっくり溶けだし、比較的長期に重炭酸イオンを供給します。さらに皮膚表面に残されたナトリウム陽子は弱酸性のクエン酸に会いクエン酸ソーダとなり、皮膚表面で弱アルカリの植物性石鹸に変化し、皮膚のクチクラ層を柔らかくし、重炭酸イオンが皮膚を通りやすくしていると考えられます。まさに一石二鳥の効果ではないでしょうか。

                   元東京医科大学 内科 助教授(医師 医学博士) 今井 敬喜

▲ Pagetop

酸塩基平衡と健康保持 >>>PDFファイル TCA回路と生体内高分子物質の合成 >>>PDFファイル

▲ Pagetop

今井敬喜氏 プロフィール

歴任
東京医科大学内科学助教授
市立根室病院院長
昭島病院院長
聖十字会理事長代行
日本ケアサプライ非常勤監査役
日中青年研修協会 理事(医療福祉担当)
ウェルエイジング協会・総合企画部長
長寿社会文化協会(WAC)・長寿社会憲章の提案(委員)

現職
品川区複合施設・荏原特別養護老人ホーム医務室・医長
(社福)サンビジョン・老人保健福祉施設「グレイスフル下諏訪」医務室医員

原著その他
(1) A:福祉砂漠(原著) B:在宅・施設ケア&キュア・ガイドブック(近々 医学評論社より出版)
(2) 老人保健施設相互間および家庭・社会の有機的結合
(3) 家庭および地域の再建を目的とする家つくり
(4) 「生きがい」を再発見する医療・福祉社会はどうあるべきか(日本老人報)
~地域と代謝する医療・福祉システムをめざして
(5) 膠原病辺縁疾患の臨床的解析
(6) 泡沫細胞症候群の電子顕微鏡的観察
(7) 「荒涼舘に抱かれた男」 河野修一郎 著、河出書房新社発行
~ノンフィクション 主人公:青井恵三のモデル
(8) 「模擬神の剣」 (逆襲する化学物質) 河野修一郎 著、雑誌:週刊金曜
~連載小説:今木院長のモデル
※「死の前では全ての人は弱者であり平等である」との意識のもと「自分がその立場に置かれたらどう感じ何をして欲しいか」という近代福祉の基本の心をこころとして医師としての任務を果たしたい(利用者本位)
※「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、来た道、行く道、二人旅、これから通る今日の道、通り直しのできぬ道」(クライアントへの提言)