重炭酸イオン タブレット(炭酸泉タブレット)

導入事例(マーケット)

ホテル・旅館 / 理美容院 / エステサロン  スパ / フィットネスジム / ペットケア / スポーツ選手 / 手足の冷えケア

 


国土の全域で豊かな炭酸泉が湧出するドイツでは、「バーデンバーデン」に代表されるスパ・リゾートや医療保険の適用を受けた療養施設が伸展し、メディカル・ツーリズムの関心と共に、世界中の人々が炭酸泉浴を堪能しています。
日本でも古くから「湯治」として天然炭酸泉が親しまれてきましたが、年々源泉の枯渇化が進み、現在では、大分県の長湯温泉、長野県の稲子湯温泉、山形県の泡の湯温泉等、わずか数ヶ所を数えるほどに減少しました。
「心臓の湯」とも称される炭酸泉は、各学会でも効果が科学的に認められ、現在、人口炭酸泉によって、宿泊施設、医療施設、介護施設、健康施設など幅広い分野で採用されています。
昨今、人気を集めている「ヘルスツーリズム」「メンタルヘルスツーリズム」商品は、これまでの「宿泊」「食事」「温泉」の概念からなる宿泊スタイルから、滞在しながら「健康になる」「美しくなる」という目的志向に特化した商品企画として注目されています。
ハードへの大きな設備投資を伴わない、そこにある資源を上手に活用し、更に「健康になる」「美しくなる」ソフトを構築する。
そこにはあまりコストを掛けずに、且つ顧客満足度の高いソフトが求められています。
重炭酸イオンタブレットの導入は、まさにそれに適した商品だといえます。
温泉がなくとも顧客満足度を高めることができる炭酸泉浴。
大浴場での炭酸泉浴サービスとしても重炭酸イオンタブレットは注目を集めています。
(湯3tに対して、50gタブレット6錠。浴槽の大小にもよりますが、実に1回の炭酸泉浴が数百円で実現可能です)
大浴場がない、部屋風呂のみの宿泊施設でも、50gタブレット1錠で、疲れが取れる、お肌にもいい炭酸泉浴が楽しめます。
また、物販としても扱いやすく、実際の入浴とショップでの炭酸泉タブレット販売での相乗効果で、顧客ニーズにも対応できます。


炭酸、重曹、クエン酸のトリプルパワーが、血行促進や新陳代謝を高め、皮膚に近い毛細血管や細動脈まで届けられ、若さと健康の源泉、「ミトコンドリア」を活性化します。(育毛サポート)
※ミトコンドリア・・・酵素とグルコース(ブドウ糖)から二酸化炭素と水を作り、生命活動に必要なエネルギーを生み出す。
また、クレンジングの作用で、髪と頭皮に付着した酸化物(シリコンなど)や活性酸素を除去し、髪を素髪の状態(べたつきのない、ふんわりとした髪)に戻してくれます。(美髪効果)
「老廃物の除去」「修復」「潤い」など、今までにない効果を体験していただけます。


ボディトリートメント
クエン酸との併用で、角質をすべすべに(カサカサ肌の清拭)。
血液循環が良くなることにより、新陳代謝が活発になりお肌もイキイキとしてきます。
フットバスによる炭酸足湯効果で、より満足度の高いトリートメントを導き出します。

フェイシャル トリートメント
毛穴に詰まった汚れを除去する作用があり、トリートメント前の拭き取りなどに効果的です。
スチーマーでの噴霧により、お肌への浸透性を上げれば、新たなスキンケアサービスとして活用できます。
 
ヘッドスパ・ヘッドマッサージ
血行促進や新陳代謝を高める作用があり、細胞が活性化されることで(育毛サポート)、健康な頭皮をつくることを助けます。
クレンジングの作用で、髪と頭皮に付着した酸化物(シリコンなど)や活性酸素を除去し、髪を素髪の状態(べたつきのない、ふんわりとした髪)に戻してくれます。
重炭酸イオンタブレットの使い方
  • ・末梢血管を拡張する→血液・リンパの流れがよくなり、老廃物の排泄効果UP
  • ・血液量増加により皮膚細胞が酸素を吸収して新陳代謝が活性化する
  • ・細胞間質液が排泄される
  • ・老廃物や色素が排泄される→美白、アダルトニキビ・湿疹改善
  • ・ヒアルロン酸などのバリアー成分が分泌される→美肌
  • ・脂肪代謝が活発化される→継続することによる部分痩せ(顔痩せを維持する)
  • ・コラーゲン合成が活性化される→細胞賦活(若返り)→シミ・しわの改善(定期的な使用継続による)


スパのサービスで水を使った施術(水治療法)やジャグジーなどに炭酸泉タブレットを活用、ワンランク上のサービスが提供できます。
大きな設備導入や仕様変更なく、簡単に導入することが可能です。
当社の炭酸泉タブレットは、24時間経過しても炭酸イオン濃度はほとんど落ちないので、コストパフォーマンスにも優れた商品です。


炭酸泉には、筋及び全身疲労回復促進と筋持久力向上の可能性があることから、スポーツ選手へ使用されています。
浴場での付加サービス導入で、トレーニング後の炭酸泉浴をお薦めします。


人間が飲む薬の実験は動物から始めます。
動物で薬効や副作用などを確認してから、人間に使うのです。
ですから、動物病院で出される「お薬」は、我々人間が飲む「お薬」と一緒のものが多いのです。
ということは、「人間にいいのは動物にもいい」と言えるし、実際にそのような結果が出る。

以下はあるペット会での談話です

ペットを飼っていて困ることに「臭い」の問題がありますが、ペットケアや美容で炭酸泉を使っているお店や家庭からは、「臭いがなくなる」という話を耳にします。
当会でも、ペットケアを勧めてみると、炭酸泉入浴後、飼い主さんがペットに鼻を近づけると、「あ、ほんとだ。臭いが消えている」と喜んでいました。
今では、ペットケアについては、多くの方々が炭酸泉を使っています。

ドッグサロンで炭酸浴
ドッグサロンで『炭酸泉』を使用されているところは近年増えてきています。
ワンちゃんの新陳代謝を活発にし、血行促進で毛ツヤも驚くほど良くなります。
病院でも治療の一環とし使われている程、皮膚病やリハビリ等に効果を発揮しています。
血行促進・美肌効果・老廃物除去・新陳代謝の活性化・足腰の弱くなったワンちゃんにも効果的です。
血液循環の改善により、新陳代謝が活性化し老廃物を効率よく排除します。
自律神経へ直接作用することによりリラックス効果が得られ、トラブル肌のワンちゃんにも美肌効果が期待できます。


2006年、サッカーワールドカップを控えたジーコジャパンが、宮崎合宿の際に炭酸泉を持ち込んだ話は有名ですが、トップアスリートをサポートする国立スポーツ科学センター(東京都北区)でも選手の疲労回復等に炭酸泉を導入しています。
従来の人工炭酸泉製造装置は、高圧炭酸ガスボンベとメンブランを使用するため、装置が大型となり、高価で且つ高圧ガスボンベの取替えやメンブランの目詰まりなど取扱いが煩わしく、スポーツ遠征での持参や遠征先での高圧炭酸ガスボンベの調達などが困難となり、手軽に利用できませんでした。
しかし、炭酸泉タブレットにより選手個人の練習スケジュールに合わせて、選手の宿泊先や家庭でも簡単に利用できるようになりました。

炭酸泉のスポーツ選手への応用

炭酸泉には、筋及び全身疲労回復促進と筋持久力向上の可能性があることから、スポーツ選手へ使用されてきています。
水温35℃では、浴水の含有炭酸ガス濃度に依存して皮膚血流量が増加させ、心拍数を低下させることが報告され、予備実験の結果では、前腕部の人工炭酸泉浸漬で筋血流量の増加を示唆する結果が得られています。
最近では、人工炭酸泉浴が浸漬部の筋血流をも増加させる可能性を探り、スポーツ競技のウォームアップ及び筋疲労回復への効果を検討します。
また、近年行われた動物実験では、炭酸泉浸漬部筋毛細血管密度の増加が報告されており、筋持久力に対する影響についての検討も行っています。
さらに、炭酸泉浴は、スポーツ競技・トレーニング後の全身疲労の回復にも有効と考えられています。
肉離れや筋挫傷などの怪我をした部位の炎症なども、体温より低い温度での炭酸泉浴により炎症を抑えつつ、リハビリの効果も期待されるとの研究報告もなされています。


手足の循環を担っている末梢動脈で、血液の流れが悪くなったり、その動脈が詰まったために血液循環が悪くなって生じる末梢循環障害(人口の高齢化に伴って増加してきた「動脈硬化症」)や、手足に冷感を感じる“冷え性”は自律神経活動の低下によって生じると言われてますが、これらの状態へ人工炭酸泉を応用した研究報告では、末梢の循環障害が明らかに認められる「慢性動脈閉塞症」を対象にした検討で、濃度1,000ppm以上、湯温37℃の人口炭酸泉の足浴で、皮膚血流量の増加効果が著明に認められています。
また、「冷え性」に対しても、同様な条件で人工炭酸泉の足浴を毎日行うと、自覚症状の改善や皮膚温低下の抑制などの効果が報告されています。
人工炭酸泉は、血管の拡張や皮膚の血流増加といった末梢循環への直接的な効果と共に、温熱感覚への作など自律神経活動への作用も期待できることから、これら病態の症状改善のための活用が進められています。